徹底リサーチ☆神戸市のおすすめ歯科

HOME > 神戸市の歯科医院のお得情報 > 神戸市の歯科医院でできることは色々あります

神戸市の歯科医院でできることは色々あります

神戸市の歯科医院では治療に対する不安を和らげるため、お洒落な外観や落ち着ける内装にしつらえているところが多くあります。
歯科医院では虫歯や歯周病といった歯の2大疾病の治療だけでなく、見た目の美しさを追求する審美歯科の処置も受けることができます。
他にも小さな子どもが安心して治療が受けられるようにキッズスペースを設けていたり、保育士資格を持ったスタッフがいるところもあります。
あるいは小さな子どもがいるためにお母さん自身が治療をためらうケースを考え、治療中に子どもと一緒に遊んでいてくれるスタッフがいますので安心です。
また高齢者で車椅子を使用している場合に車椅子で入っても可能かどうか、移動の介助などはしてもらえるかなど、事前に電話で確認することをお勧めします。
丁寧で親切な電話対応なら、実際に受診する時も安心して訪れることができます。


歯科治療で最も多いのが虫歯の治療ですが、虫歯になったら必ず削って詰めたりかぶせたりしないといけないわけではないのです。
詰め物をするためにはある程度歯を削らなければなりませんので、初期の虫歯の場合は詰め物をする面積を確保しようとすると、却って健康な部分まで削ることになってしまうことがあります。
患者さんによっては歯の健康管理がしっかりとできている場合や、虫歯の進行がエナメル質内にとどまっている場合には定期検診で様子を見ることも可能です。
虫歯を削って詰め物をする際、保険では銀色になってしまいますが、近年は歯科材料の進歩が目覚ましく自費にはなりますが、ひと昔前よりは安価な値段で白い詰め物を入れることもできます。
どれくらいの金額でどのようなものが入れられるのか、気軽に尋ねてみることをお薦めします。


虫歯と並んで多い歯周病は、進行すると骨を支える骨が痩せてやがて歯がぐらついてしまう歯槽膿漏という病気になります。
こうなると歯を抜くことになってしまいますので、それまでに進行を止めることが大切です。
年齢を重ねると歯の間に隙間ができたり、歯と歯茎の境目に三角形の隙間ができてきますが、これは歯を支える顎の骨が痩せたことにつれて歯茎が下がったことが原因です。
歯周病の原因となる歯石は、一度着いてしまうと歯科医院で取り除かない限り、歯磨きで取ることは不可能になります。
そして、取り除いたあとは再び歯石がつかないように、正しい歯の磨き方を実践することが大切です。
歯科医院にいる歯科衛生士は歯石除去を行うと同時に、正しい歯磨きの仕方も教えてくれますので、隙間を清掃する時に最適なフロスや歯間ブラシの使い方も併せて習うと健康な状態を維持できます。

カテゴリー

PAGE TOP