徹底リサーチ☆神戸市のおすすめ歯科

HOME > 神戸市の歯科医院のお得情報 > 神戸市の歯科医院では金属アレルギーにも対応しています

神戸市の歯科医院では金属アレルギーにも対応しています

金属アレルギーを持っている人は、歯科医院で治療を行う場合に口腔内だけでなく体にも影響を及ぼすことがあります。
はっきりと金属アレルギーの診断が下され自分でも自覚している人は治療がしやすいですが、中には口腔内に装着した補綴物が原因で金属アレルギーであったことが判明することもあるのです。
保険診療で使用が認められている金属はいくつかの種類があり、治療した年代や使う金属が異なるとアレルギー反応が出やすくなります。
口腔内にはできれば同じ種類の金属で揃っていることが望ましいのですが、現実的には大変難しいと言えます。
そこで神戸市の歯科医院では、補綴物を装着した後に発疹などの症状が現れた場合にはアレルギーテストを行って貰い、その結果次第で治療方針を決めて、適切な手段での治療のやり直しが行われます。


金属アレルギーがあるかどうかは、皮膚科においてパッチテスト等を行って調べます。
その結果口腔内に使用している金属が原因に該当した場合は、取り除くことが必要となります。
奥歯の場合は噛んだ時に約60kgの力がかかりますので、金属でないとその力に耐えることはほぼ無理と言えます。
ただし、すべての金属がアレルギーの原因ではない場合は、最もアレルギーの出にくい金(ゴールド)を使用することが可能です。
ゴールドの利点は金属の中でも柔らかいため、歯を削った境目との馴染みが大変良い点が挙げられます。
そして天然の歯と同じように使っているうちに自然に減ってくれますので、噛み合わせの不調を起こしにくいところも大きなポイントです。
保険は利かないものの金に対するアレルギー反応がなければ、口腔内の金属をすべて金に置き換えることで、アレルギー症状は徐々に消えていくと考えられます。


金を含むすべての金属にアレルギー反応がでた場合は、セラミックを使用してやり替えることになります。
セラミックは陶材でできており、かなりの強度に耐えることができますので、強い力のかかる奥歯にも使用することが可能です。
虫歯を削ってその形に合わせた金属を入れている部分には、再度歯型を採り直してセラミックインレーを作って装着します。
歯の全周を削って金属の冠をかぶせている歯の場合も除去し、セラミックを使ってオールセラミックという冠に作り替えます。
これもセラミックインレーと同様に強度がありますので、金属冠と同じように使用することができます。
陶材であるセラミックに変えれば金属アレルギーを起こす心配が無くなりますので、異常を感じたときは早めに歯科医院で相談するのがお勧めです。

カテゴリー

PAGE TOP